NEDO ワシントン事務所:デイリーレポート

2009年

■ エネルギー・環境・産業技術関連では、以下のような動きがあった

2月19日特別号

Chuエネルギー長官、プロジェクトやローン保証を迅速に実行するため、DOEの手続きを再編すると発表

オバマ大統領が「2009年アメリカの経済回復・再投資法案(American Recovery and Reinvestment Act of 2009 =ARRA)」に署名をした2日後の2月19日、Steven Chuエネルギー省(DOE)長官が、数百万の新雇用創出に繋がる新エネルギー経済への投資を直ちに開始するため、ARRAに盛り込まれたエネルギープロジェクトやローン保証用資金の配布方法を大幅に再編すると発表した。

高水準のアカウンタビリティを求める一方で、資金配布作業を数年ではなく数ヶ月で開始する必要があると主張するChu長官は、文書業務の軽減;申請書の回転ドア方式(締め切りを設けずに申請書を受け取った順序に)処理;民間部門や多省庁の教訓の活用によって、DOEは下記を行うことが出来ると指摘した:

  • 4月末または5月初旬までに、DOEの既存ローン保証プログラム下におけるローン保証の提供を開始する。
  • 初夏までに、ARRA下におけるローン保証の提供を開始する。
  • 2010年末までにARRAでDOEに供与される投資の75%を配布する。

エネルギー長官就任以来、自ら、DOEの直接ローンやローン保証をより迅速で簡略、かつ責任ある方法で発行するプロセスの見直しを行っていたというChu長官が発表した、主要な改正は下記の通り:

  • 申請書を回転ドア式に評価する … 締め切り日まで申請書の検討を遅らせるのではなく、受領した時点で順次に審査を行う。これによって、決定が迅速になる。
  • ローン申請書やその他書類を合理化・簡略化する。
  • 外部パートナーの活用により、ローン引受け契約書の作成を加速化する。
  • 前払い金(up-front fee)の存在が申請を思いとどまらせるような場合には、前払い金を契約時にローンの一部として支払う機会を申請者に提供する。
  • 信用助成金(credit subsidy)の再編により、前払いの負担を更に軽減させる。
  • 申請書を処理するスタッフおよび資源の拡充する。
  • 優れたプロジェクトをローン保証プログラムに引きつけるため、産業界と協力する。
  • 申請プロセスおよび結果を更にトランスペアレントにすると共に、申請過程で申請者に役立つ情報を掲載したウェブサイトを作成する。

Chu長官が本日発表した改正の影響を受けるのは、「2005年包括エネルギー政策法」で設定されたローン保証プログラム、先進技術自動車製造ローン(Advanced Technology Vehicles Manufacturing Loan)プログラム、及び、ARRAに盛り込まれたDOE予算となる。Chu長官は、これらの改正とARRA投資を執行するため、オバマ大統領移行チームのメンバーで、元McKinsey and Companyの上級パートナーであったMatt Rogers氏をシニア・アドバイザーに任命すると発表した。(DOE News Release, February 19, 2009)


Top Page