NEDO ワシントン事務所:デイリーレポート

2009年

■ エネルギー・環境・産業技術関連では、以下のような動きがあった

9月25日号

商務長官、イノベーションとアントレプレナールシップに関する部局と諮問委員会の新設を発表

Gary Locke商務長官が9月24日、商務省内にイノベーション・アントレプレナールシップ部(Office of Innovation and Entrepreneurship)を新設する計画と、イノベーション及びアントレプレナールシップに関する国家評議会(National Advisory Council on Innovation and Entrepreneurship)を立ち上げる計画を発表した。


イノベーション・アントレプレナールシップ部

新設されるイノベーション・アントレプレナールシップ部のミッションは、アントレプレナールシップに対する障壁、及び、高成長ビジネスやイノベーション志向型ビジネスの振興に対する障壁を排除することによって、新アイディアの経済的ポテンシャルを最大限に発揮させることで、アントレプレナールにとって最重要な問題やプログラムを確認することに特に重点をあてる意向だという。同部はホワイトハウスや他の連邦省庁と密接に協力して、アントレプレナールが新しいアイディア・製品・サービスを経済成長へと結び付けていくことを助長するような政策を推進していく。重点となる分野は下記の通り:

  • 教育、訓練、指導(mentoring)によるアントレプレナールの養成
  • 資本金へのアクセスの改善
  • 連邦R&Dの技術商品化の促進
  • 省庁間の協力および調整の強化
  • アントレプレナールに対するデータ・リサーチ・技術的資源の提供
  • アントレプレナールや投資家を支援する政策インセンティブの調査


イノベーション及びアントレプレナールシップに関する国家評議会

イノベーション及びアントレプレナールシップに関する国家評議会は、イノベーションおよびアントレプレナールシップに関する重要課題についてLocke商務長官と行政府に提言を行なう。同国家評議会は、アントレプレナールや革新者、エンジェル投資家やベンチャーキャピタリスト、非営利団体のリーダーやその他専門家で構成され、新規ビジネスや雇用を生み出すアントレプレナールシップ・エコシステムを創出・発展させる上で不可欠な問題に対する解決策を確認し提言する。

(SSTI Weekly Digest, September 25, 2009)

 


Top Page