NEDO ワシントン事務所:デイリーレポート

2011年

■ エネルギー・環境・産業技術関連では、以下のような動きがあった

9月8日号

Chuエネルギー長官、洋上風力発電R&Dプロジェクトに4,300万ドルのグラント授与を発表

エネルギー省(DOE)のChu長官が2011年9月7日、米国風力資源の活用・イノベーションの助長・雇用の促進を目的とする連邦政府戦略の一環として、洋上風力発電プロジェクト41件に4,300万ドルを投資することを発表した。DOEによると、今回のグラントは洋上風力の市場拡大や技術革新、および次世代風力タービン設計のモデリングを探求する機会を製造業者やディベロッパーや研究者に与えることになるという。

今回発表されたグラントは、洋上風力発電所の設計やモデリングといった先進技術に焦点をあてるプロジェクト17件と、洋上風力発電業界にとっての市場障壁の除去に焦点をあてるプロジェクト24件に大きく分類される。先進技術の研究開発に焦点をあてるプロジェクトのうち、DOEから100万ドル以上のグラントを獲得したプロジェクト7件の概要は下記の通り:

  • Alliance for Sustainable Energy, LLC - NREL(国立再生可能エネルギー研究所):コロラド州ゴールデン
    様々な浮体式洋上風力発電の構想を設計・評価するコンピューター援用エンジニアリングツール(computer-aided engineering tool)を改善するプロジェクトに150万ドル。
  • Alliance for Sustainable Energy, LLC - NREL(国立再生可能エネルギー研究所):コロラド州ゴールデン
    風力エネルギーの最大捕獲や波・風による構造疲労の最小限化によってデザインを改善する、洋上風力発電シミュレーションツールを作成するプロジェクトに120万ドル。
  • ミネソタ大学:ミネソタ州ミニアポリス
    洋上風力発電のデザインと波・風の相互作用をシミュレートするコンピュテーショナル・フレームワークを開発するプロジェクトに120万ドル。
  • Alstom Power, Inc.:バージニア州リッチモンド
    タービン構造への望ましくない影響を最小限化しつつエネルギー生産を最大化するため、革新的なセンサー・風力タービン・浮体式プラットフォームを統合する先進制御システムを開発するプロジェクトに414万ドル。
  • サンディア国立研究所(SNL):ニューメキシコ州アルバカーキ
    洋上風力発電コストを大幅に削減する可能性がある垂直軸風車を設計するプロジェクトに414万ドル。
  • Siemens Energy Inc.:フロリダ州オーランド
    風力タービン翼の空気力学的性能の大幅改善、およびエネルギーコストの引下げを可能にする様々なパッシブ空気力学的制御技術(passive aerodynamic control technology)の使用を研究するプロジェクトに409万ドル。
  • Zimitar, Inc.:カリフォルニア州サンフランシスコ
    在来型デザインよりも軽量なローターにつながるアクティブ空気力学的制御を統合し、エネルギー捕獲を増大し、エネルギーコストを引下げる二枚翼風力タービンを設計するプロジェクトに400万ドル。

 (DOE News, September 8, 2011)

 

 

 


Top Page