NEDO ワシントン事務所:デイリーレポート

2012年

■ エネルギー・環境・産業技術関連では、以下のような動きがあった

2月10日号

オバマ大統領の2013年度予算要求はインフラ整備を重視

2月13日のオバマ大統領2013年度予算要求の発表に先立って、この草案を閲覧したDow Jones NewswiresとWall Street Journalによると、2012年度の財政赤字は1兆3,300億ドルと予測され、インフラ整備に数千億ドルの予算が要求されているという。

2013年度予算要求の財政赤字予測は、連邦議会予算局(Congressional Budget Office)が1月31日に発表した約1兆1,500万ドルという予測を上回る数字となるが、オバマ政権によるとこれは、2013年度予算要求案に盛り込まれた予測が2011年11月時点での分析 …2012年の失業率が平均8.9%で2013年が8.6%、等… に基づいているためであって、予測の多くが来週月曜日に公表される時点では古くなっているという。

草案には大統領予算案の詳細は含まれていないものの、Dow Jones NewswiresとWall Street Journalは、予算案の概要として下記を報告している:

  • 雇用を拡大する短期的な施策に3,500億ドルを要求
  • 道路他の陸上輸送プロジェクトに6年間で4,760億ドルを要求
  • 高齢者医療保険(Medicare)や低所得者医療扶助(Medicaid)といった医療プログラムにおける3,600億ドル以上の節約
  • 主として、年収25万ドル以上の家庭に対するブッシュ大統領時代の減税を終了することにより、1兆5,000億ドルの新たな歳入を要求
  • 非防衛関係の研究開発(R&D)予算を2012年度比5%増額
  • 先端製造R&Dの予算として2012年度比19%増の22億ドルを要求

(The Wall Street Journal Online News, February 10, 2012)

 

 

 


Top Page