NEDO ワシントン事務所:デイリーレポート

2014年

■ エネルギー・環境・産業技術関連では、以下のような動きがあった

1月8日号

エネルギー省、クリーンエネルギー企業及び起業家の支援に300万ドルを提供すると発表

エネルギー省(DOE)は1月6日、メンターシップ(指導)・事業展開・資本へのアクセス・製造支援といった重要なサービスを起業家や小企業に提供して、クリーンエネルギー技術の商業化を推進する「クリーンエネルギーの為の国家インキュベータ戦略(National Incubator Initiative for Clean Energy =NIICE)」という新イニシアティブに300万ドルを投じると発表した。

DOE エネルギー効率化・再生エネルギー(Energy Efficiency and Renewable Energy =EERE)部の技術市場化計画(Technology-to-Market)のサブプログラムとして実施されるNIICEの目標と組織体制は以下の通り:

 

  • NIICEの目標
    • 高いパフォーマンス基準の設定、ベストプラクティスの推進、インキュベータ間の協調改善によって、全米各地の既存及び新規クリーンエネルギービジネス・インキュベータのパフォーマンスを改善する。
    • 高リスク技術を開発する初期段階企業、及び、プロトタイプから国内生産へ進む初期段階企業に対する支援を強化する。
    • 投資へのアクセスに関する情報を改善する(慈善基金や企業ベンチャー、及びその他の革新的な融資メカニズムに関する分析や資料の発信等を含む)ことにより、初期段階のクリーンエネルギービジネスへの投資を促進する。

  • NIICEの組織体制
    • 全米調整局(National Organization)

      EEREは、クリーンエネルギーに焦点を合わせた米国のビジネスインキュベータの協調を支援する国家レベル組織に3ヵ年で総額50万から100万ドルの資金を提供する。全米調整局では、(i)各インキュベータの活動に関する基準やデータを収集し;(ii)起業家や産業界を全米各地のインキュベータと結び付ける主要情報源の役割を果たし;(iii)インキュベータのサービスに関するギャップ分析を行い;(iv)ベストプラクティスを普及させ;(v)民間資本や慈善目的の基金に関する情報を特定・提供し;(vi)全米サミットを開催する。また、NIICEが支援する各インキュベータと協力して、パフォーマンス基準を統合する。

    • クリーンエネルギー・インキュベータ(Clean Energy Incubators)

      EEREは、クリーンエネルギーに焦点を当てた一流インキュベータのベストプラクティスを特定し、それを発展させて実施するために、3つから5つのインキュベータに資金を提供する。NIICEの助成期間は3年間で助成額は各40万から76.5万ドル。クリーンエネルギー・インキュベータは、(i)メンターシップや起業家研修を提供し;(ii)初期段階企業が潜在的投資家・戦略パートナーを特定することを支援し;(iii)製造支援や特殊装置へのアクセスを提供し;(iv)スタートアップ企業の長期的な事業計画や技術計画の策定を支援する。

 

NIICEは費用分担型プロジェクトで、参加機関にはプロジェクト総額の50%負担が義務付けられる。外国機関も応募可能であり、プロジェクト提案の締め切りは2014年3月21日。EEREは、2014年5月末までにアワードを発表する予定となっている。(Department of Energy EERE News Progress Alerts, January 6, 2014; Department of Energy Funding Opportunity Announcement for National Incubator Initiative for Clean Energy)

 

 


Top Page