NEDO ワシントン事務所:デイリーレポート

2016年

■ エネルギー・環境・産業技術関連では、以下のような動きがあった

11月4日号

オバマ政権、電気自動車の導入と充電インフラの整備を促進する新たな施策を発表

オバマ政権は11月3日、電気自動車(EV)の普及、及び、EV普及に不可欠な充電インフラの整備を促進する新施策を発表した。オバマ大統領就任から約8年間で、バッテリー価格が70%低下し、プラグインEVモデルが1種類から20種類以上に増え、EV充電ステーションは2008年の500から1.6万余に増加している一方で、「走行距離不安症」が未だにEV普及の重大な障害となっている。

オバマ政権は今年7月に、革新的EV充電ステーションの商業規模での展開を支援する為に最高45億ドルのローン保証を提供すること、約50の業界団体が「電気自動車と充電インフラを促進する基本原則(Guiding Principles to Promote Electric Vehicles and Charging Infrastructure)」に署名したことを報告。今回の発表は、こうした行政府・州政府・地方政府・産業界の協力が一歩前進したことを示している。発表された施策の概要は以下の通り:


1. 運輸省の連邦道路管理局(FHWA)は、55の州間高速道路が全米代替燃料(注:1)回廊網の役割を果たすと発表。同回廊網の一環として、48の州間高速道路をEV充電回廊に指定。

  • FHWAが発表した48の州間高速道路は米国35州(注:2)とワシントンDCを網羅し、総計は約25,000マイル
  • ドライバーが充電ステーションを容易に見つけられるよう、「Sign-ready」に指定された州に対して、FHWAが作成したサインの使用を許可
  • EV充電回廊指定の州間高速道路では、約50マイル間隔で充電ステーションが設置される予定

2. 計28の州政府・電力会社・自動車メーカー・その他団体が、運輸省指定の代替燃料回廊沿いでEV充電インフラの展開を促進することを確約。

  • 東海岸から西海岸までの無公害大陸横断を可能にする、全米EV充電インフラ網の土台を構築
  • BMW、GM、日産、PG&E、Portland General Electric、Rocky Mountain Power、Southern California Edison、ニューヨーク州、ChargePoint、EV Connect、EVgo、エジソン電力研究所(EEI)、電気駆動車協会(Electric Drive Transportation Association)等の28組織が参加

3. 計24の州・地方政府が所有車両の電気化を目指し、行政府との協力でEV調達台数を増加することを確約。

  • 州・地方政府は2017年に2,500台以上のEV購入を確約。年間の燃料節約は1,211,650ガロン、100万ドル
  • 連邦政府と州・地方政府の協調がEV総需要を高め、これが購入価格の低下、EVイノベーションの促進、及び、全米EVインフラの導入・拡大に貢献
  • 州政府、地方政府コミットメントの例
    • カリフォルニア州
      • 2017年に150台以上の無公害車(ZEV)を購入
      • 2020年までに州が所有する駐車スペースの最低5%にEV充電器を設置
    • ミネソタ州
      • 2017年に25台のPHEV/ZEVを購入
      • 2017年にレベル2の充電ステーションを15ヵ所設置
    • カリフォルニア州ソノマ郡
      • 2017年に20台のEVを購入
      • 2018年までにソノマ郡所有EV用に23のEV充電器、及び、一般利用向けに3ヶ所で計12器のEV充電器を設置
    • ジョージア州アトランタ市
      • 2016年末までにアトランタ国際空港の100台分のEV専用駐車スペースに充電器を設置し、2017年には更に300器のEV充電器を設置
      • 2020年までに市所有車両の20%をEVに変更

4. エネルギー省(DOE)は、全米EV充電インフラ展開(運輸省指定の燃料回廊沿いの展開を含む)の最適シナリオを評価するため、2本の調査を実施。

  • EV充電インフラの広範な展開を促進するため、様々な利害関係者からの情報提供をうけて、DOE傘下の国立研究所と共に策定している報告書2本を来年早々に発表
    • 異なるEV市場浸透シナリオに対して、それぞれに最適な充電所数を確認する、全米EVインフラ分析報告書
    • EV急速充電器を設置するベストプラクティスに関する報告書

5. 新規ビジネス・非営利団体・大学・公益事業者、計39の利害関係者が、DOEの「職場充電チャレンジ(Workplace Charging Challenge)」に署名し、職場におけるEV充電アクセス提供を確約。

(White House Press Release "Obama Administration Announces New Actions to Accelerate The Deployment of Electrical Vehicles and Charging Infrastructure, November 3, 2016 

 


注釈:

1: EV充電、圧縮天然ガス、液化天然ガス、液化石油ガス、及び水素。55の州間高速道路の内、カリフォルニア州の9つの高速道路には水素供給ステーションも設置される。

2: 今回の指定に含まれなった州は、アラバマ、アラスカ、アリゾナ、アーカンソー、カンザス、ケンタッキー、ルイジアナ、ミシシッピ、モンタナ、ニューメキシコ、ノースダコタ、サウスダコタ、ウェストバージニア、ワイオミングの15州。

 


Top Page