NEDO ワシントン事務所:デイリーレポート

2016年

■ エネルギー・環境・産業技術関連では、以下のような動きがあった

9月26日号

エネルギー省のARPA-E、エネルギー貯蔵・変換技術を一変させる16プロジェクトに3,700万ドルの助成

エネルギー省(DOE)のARPA-Eが9月13日、固体イオン伝導体(solid ion conductor)を利用して作った高性能のセパレータや電極等の部品をデバイスに統合する新たな加工方法に重点を置く、「新しいイオン伝導性固体物の統合と最適化(Integration and Optimization of Novel Ion-Conducting Solids =IONICS)」という新規プログラムの一環として、16件の革新的なプロジェクトに総額3,700万ドルのグラントを授与すると発表した。

IONICSプログラムは、(1)短絡(ショート)を起こさずにリチウム金属のサイクルを可能にするリチウムイオン伝導体; (2)液体反応物利用の電池(フロー電池等)に使用する安価なセパレーター; (3)化学安定性と伝導性に優れたアルカリ伝導体; (4)IONICSプログラムの目的を達成できるその他アプローチ、という4つのカテゴリーにおいて、エネルギー貯蔵技術及びエネルギー変換技術の向上を目指す。今回選定されたプロジェクトの概要は以下の通り:

カテゴリー 1:

  • 24M社(マサチューセッツ州ケンブリッジ) … ナノ複合材料で微細構造した有機・無機保護材(organic-inorganic protective layer)を利用して、リチウム金属可逆電極や安価な高エネルギー電池を作るプロジェクトに350万ドル。
  • Ionic Materials社(マサチーセッツ州ウォバーン) …樹状突起を形成せずに数百回の充放電サイクルを可能にするため、同社発明の高分子材を使用した新規固体電解質の最適化、及び高分子とリチウム金属の界面の最適化を目指すプロジェクトに300万ドル。
  • アイオワ州立大学(アイオワ州エイムズ) … 寿命の長い電池を可能にする、ガラス状固体電解質(glassy solid electrolytes =GSEs)を製造する新プロセスの開発に225万ドル。
  • オークリッジ国立研究所(テネシー州オークリッジ) … 安定性があり、かつ低コストで電池に統合可能なガラス状リチウムイオン伝導体を研究するプロジェクトに300万ドル。
  • ペンシルバニア州立大学(ペンシルバニア州ユニバーシティパーク) … 同大が最近開発した低温焼結(cold sintering)処理を使って、固体セラミクス複合電解質(solid ceramic and composite electrolytes)を開発するプロジェクトに100万ドル。
  • PolyPlus Battery Company(カリフォルニア州バークレー) … ガラス製造会社であるSCHOTT North America社と提携して、フレキシブルなリチウムイオン伝導体ガラスの保護膜で守られた、リチウム金属箔薄膜電極(thin electrodes made of lithium metal foil)を開発するプロジェクトに525万ドル。
  • Sila Nanotechnologies社(カリフォルニア州アラメダ) … 固体リチウム電池を製造する新方法(エネルギー密度を高め、製造コストを低減する為、陰極材料とセパレーター材料の多孔質スタックを溶解電解質で埋めることを提案)を開発するプロジェクトに100万ドル。
  • コロラド大学ボルダー校(コロラド州ボルダー) … 固体電解質を製造する方法として、瞬間緻密化焼結法(flash sintering)を開発するプロジェクトに100万ドル。

カテゴリー 2: 

  • コロラド鉱山大学(コロラド州ゴールデン) … レドックス・フロー電池で使用する、ハイブリッド高分子(hybrid polymer)膜を開発するプロジェクトに約156万ドル。
  • United Technologies Research Center(コネチカット州イーストハートフォード) …レドックス・フロー電池の資本コストを更に削減するため、反応物質を安価な有機分子で作り、薄膜を高分子材料で作るプロジェクトに約271万ドル。
  • コロラド大学ボルダー校(コロラド州ボルダー) … 全鉄フロー電池のコストを大幅に削減する塩化物伝導膜(chloride conducting membrane)を開発するプロジェクトに300万ドル。
  • ワシントン大学セントルイス校(ミシシッピ州セントルイス) … 簡単に手に入る安価な市販高分子を使って、レドックス・フロー電池に使用する薄膜を開発するプロジェクトに200万ドル。

カテゴリー 3:

  • 3M社(ミネソタ州セントポール) … 炭化水素鎖に基く高分子膜を開発・評価するプロジェクトに230万ドル。
  • ランセラー・ポリテクニック研究所(ニューヨーク州トロイ) … 炭化水素系の高分子主鎖(polymer chains)を使って、伝導性が高く化学的に安定した、耐久性のある薄膜を開発するプロジェクトに約225万ドル。
  • デラウェア大学(デラウエア州ヌワーク) … 伝導度が高く化学安定性に優れた、一連の高分子系アルカリ交換膜(polymer-based alkaline exchange membrane)を開発するプロジェクトに180万ドル。

カテゴリー 4:

  • カリフォルニア大学サンディエゴ校(カリフォルニア州ラ・ホイヤ) … 自己形成する(self-forming)高温の固体リチウム電池を開発するプロジェクトに100満ドル。

 

Department of Energy News, September 13, 2016

 

 



Top Page