2017年07月12日 下院歳出委員会の『2018年度エネルギー・水資源開発歳出予算法案』

下院歳出委員会の『2018年度エネルギー・水資源開発歳出予算法案』

下院歳出委員会が2017年7月12日に、ARPA-E廃止; エネルギー効率化・再生可能エネルギー(EERE)予算の大幅削減;ユッカ・マウンテン核廃棄物処理場の許可申請再開予算を盛り込んだ『2018年度エネルギー・水資源開発歳出予算法案』を可決しました。エネルギー省の全体予算は2017年度予算を8.6億ドル下回る298.4億ドル。このうち、エネルギー関係予算の内訳をまとめ、調査レポートとしてアップロードいたしました。

2017年 調査レポート

NEDO本部
Focus NEDO
NEDO Channel
PAGETOP
Copyright © NEDO Washington DC Office All Rights Reserved.