2017年12月01日 米国のプラグイン電気自動車をめぐる政策と業界動向

米国のプラグイン電気自動車をめぐる政策と業界動向

エネルギー省(DOE)エネルギー情報局の『2017年年次エネルギー見通し(2017 Annual Energy Outlook)』において、米国のバッテリ-電気自動車(EV)の販売が国内の軽量自動車総販売台数に占める割合は、2016年の1%未満から2040年には6%まで拡大し、プラグイン・ハイブリッド電気自動車 (PHEV) も1%以下から4%まで増大すると予測しています。この中で、プラグイン電気自動車 (PEV)の普及推進には、連邦政府によるPEV優遇税制・補助政策だけでなく、カリフォルニア州の無公害車 (ZEV) 規制といった地域的プログラムや補助制度が貢献していることを指摘しています。電気自動車等市場の現状、連邦政府・州政府・電力会社等による普及促進政策、及び、業界動向の概要をまとめ、調査レポートとしてアップロードいたしました。

2017年 調査レポート

NEDO本部
Focus NEDO
NEDO Channel
PAGETOP
Copyright © NEDO Washington DC Office All Rights Reserved.