2017年12月12日 トランプ政権によるCAFE基準の見直しに係る考察

トランプ政権によるCAFE基準の見直しに係る考察

トランプ大統領が今年3月15日、オバマ前政権が設定した2022-2025年型車の企業平均燃費 (CAFE) 基準を再検討する意向を発表しました。これ以降、環境保護庁及び運輸省の国家道路交通安全局が同基準の見直しを進めています。これまでのところ、トランプ政権は検討中の詳細に関する言及を避けていますが、想定される選択肢として、①2022-2025年型車のCAFE基準を2021年水準で凍結、②2021-2025年型車のCAFE基準を2020年水準で凍結、③基準を変えず、遡及的CAFEクレジットの提供または遵守期間の引き延ばし、という3つの措置の可能性が高いとされています。ここでは、オバマ政権が設定したCAFE基準及び基準設定に至る経緯、2022-2025年基準の中間評価 (Midterm Evaluation)、及びトランプ政権が検討中と推測されている選択肢についてまとめ、調査レポートとしてアップロードいたしました。

2017年 調査レポート

NEDO本部
Focus NEDO
NEDO Channel
PAGETOP
Copyright © NEDO Washington DC Office All Rights Reserved.